4月24日(土)
10:00-12:00

A会場
●ワークショップ1
「診療の実際」
各地域に、下肢救済を目的とした足病専門外来が立ち上がっている。
このワークショップでは、次の点を中心に実際の診療をビデオを多く盛り込んで報告してもらう。
 
  1. 足病外来では、週何回、1回につき何人くらいの患者をどのくらい時間をかけているのか?
  2. どんな検査を行っているのか?治療をどこまで行っているのか?
  3. 医師、看護師の役割は?
         

オーガナイザー 湘南鎌倉総合病院 腎臓内科
小林 修三

  佐賀大学医学部 形成外科
上村 哲司
     
 
T.事例発表      
 
1.大学病院
     
    杏林大学病院 形成外科
  木下 幹雄
    東北大学医学部 形成外科   林  殿聡
    佐賀大学医学部 形成外科   佐竹 義泰
 
2.一般病院
     
    済生会横浜市東部病院 看護部
  楢原 直美
    湘南鎌倉総合病院 腎臓内科
  守矢 英和
 
3.クリニック
     
    医療法人社団日高会 日高病院 看護部 透析室   田丸 裕子
         
U.総合討論      
  1)
各施設の特徴について
   
  2)
各施設の問題点と課題
   
  3)
理想的な下肢救済診療とは
   
         
13:30-14:10

A会場
■会長講演
「下肢救済の現況と今後の展望−重症下肢虚血(CLI)治療実態に関するアンケート調査をふまえて−」

会長 東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科
中村 正人


 
 
14:10-14:30

A会場
■総 会
 



 
14:30-16:30

A会場
●ワークショップ2
「病態別治療の実際」
病態別の診断、治療に関して症例を呈示しながら、足病治療の実際を学ぶ。
         
  オーガナイザー 東京医科歯科大学 血管外科
井上 芳徳


時計台記念病院 循環器センター
佐藤 勝彦
         
1.総論      
   
東京女子医科大学 糖尿病センター
  新城 孝道
   
   
2.糖尿病性足病変治療:神経原性    
   
かなもり内科 糖尿病内科
  金森  晃
3.糖尿病性足病変治療:CLI
   
    時計台記念病院 循環器センター
佐藤 勝彦
4.透析患者の足病変の治療    
   
愛知医科大学 血管外科
  杉本 郁夫
5.その他 静脈性・リンパ浮腫・膠原病・褥瘡    
   
横浜南共済病院 心臓血管外科
  孟    真
         
総合討論    
         
総括   東京医科歯科大学 血管外科
井上 芳徳
    時計台記念病院 循環器センター
佐藤 勝彦
         
16:45-18:15

A会場
●ワークショップ3
米国足病エビデンスに基づくリムサルベージ
下肢潰瘍や壊疽の治癒などの創傷ケアについてアメリカ・ロサンゼルスの足病専門医・李家医師より、15年上にわたる臨床経験を活かしたリムサルベージの基礎学を講義および明日からの臨床に役立てられるようなケーススタディーを提供する。
         
  オーガナイザー 株式会社ミレニア
佐藤 弘子
         
 
講師
米国足病外科学会公認専門医
  李家 中豪
         
T.講義 下肢基本解剖学    
U.講義 バイオメカニクス    
V.ケーススタディ2題  (最善のアセスメント・処置・治療をみんなで考えよう!)    
         
18:30-19:30     A会場
●一般演題1
「診断」
  オーガナイザー 土谷総合病院 放射線科    佐藤 友保
    信州大学医学部附属病院 心臓血管外科    福井 大祐
         
1.「糖尿病性足潰瘍の診断におけるMRIの有用性〜組織学的所見との関係〜」
   
市立小野市民病院 形成外科
  藤井 美樹
2.「重症下肢虚血肢の動脈評価における下肢 CTDSA の試み。」
    土谷総合病院 放射線科   佐藤 友保
3.「重症虚血肢患者における大切断の予測因子」
   
新須磨病院  形成外科・創傷治療センター
  辻  依子
4.「下肢潰瘍治療における超音波 duplex scanningの有用性」
   
埼玉医科大学 形成外科
  関谷 直美
5.「肢位の違いが下肢皮膚灌流圧に与える影響〜健常人とCLI患者間のSPPを用いた検討〜」
   
佐賀大学大学院医学系研究科 修士課程
  川ア 東太
 
   
         
         
10:00-12:00

B会場
●シンポジウム1
チーム下肢救済2010:チーム関東vs関西vs九州」
下肢救済のためには全身の管理、血行再建、創傷ケア、潰瘍治療、感染症コントロール、フットケアなどが包括的に要求され、関与する部門、職種は多岐にわたるため、高度なコラボレーションが必須となる。わが国で積極的に行っている代表的なチームが具体的な症例を通して、連携の仕方、その経過・成果を報告し、チーム下肢救済の現状と展望を考える。
         
  オーガナイザー 埼玉医科大学 形成外科   市岡  滋
    大阪大学大学院 医学系研究科先進心血管治療学   南都 伸介
         
T.チーム関東      
  1. 「大学病院におけるチーム下肢救済」    
   
埼玉医科大学総合医療センター 血管外科
  松本 春信
   
埼玉医科大学 国際医療センター 心臓内科
  小宮山 伸之
   
埼玉医科大学 形成外科
  佐藤 智也
   
日本フットケアサービス株式会社
  大平 吉夫
 
2. 「地域連携によるチーム下肢救済」
   
   
春日部中央総合病院 心臓病センター 循環器科
  安藤  弘
   
みさと健和病院  形成外科
  菰田 拓之
   
みさと健和病院
  小倉 喜子
   
みさと健和病院
  伊藤 淳二
   
   
U. チーム関西:「阪神地域連携によるチーム下肢救済」
   
   
関西労災病院 循環器科
  飯田  修
   
新須磨病院 創傷治療センター
  北野 育郎
   
神戸大学大学院 医学研究科・医学部 形成外科
  寺師 浩人
   
   
V. チーム九州:「九州地域連携によるチーム下肢救済」
   
   
小倉記念病院 循環器
  曽我 芳光
   
小倉記念病院 血管外科
  三井 信介
   
健和会大手町病院 形成外科
  石井 義輝
     
       
14:30-16:30

B会場
●シンポジウム2
「高齢者における下肢救済の現状と問題点」
高齢者における下肢救済治療の現場で、各治療分野においてその現状と問題点を抽出し、今後の解決への糸口を探る。
         
  オーガナイザー 愛知医科大学 血管外科
太田  敬


神戸大学医学部付属病院形成外科
寺師 浩人
         
1.総論1 「重症下肢虚血肢の診断、識別について」    
   
東京医科大学  外科学第二講座(血管外科)
  駒井 宏好
2.総論2 「vascular labのデータからの治療方針の決定について」    
   
JR仙台病院 外科
  市来 正隆
3.血管内治療医の立場から    
   
小倉記念病院 循環器科
  曽我 芳光
4.血管外科医の立場から    
   
小倉記念病院 血管外科
  三井 信介
5.透析医の立場から    
   
湘南鎌倉総合病院 腎免疫血管内科
  池江 亮太
6.形成外科医の立場から    
   
新須磨病院  形成外科・創傷治療センター
  辻  依子
7.看護師の立場から    
   
聖マリアンナ医科大学病院 看護部
  西出  薫
8.総合討論    
         
16:30-17:30

B会場
●セミナー
「医療経済面から下肢救済を考える」
  オーガナイザー

日本下肢救済・足病学会 理事長
北海道大学名誉教授
医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所

  大浦 武彦


時計台記念病院 循環器センター    浦澤 一史
         
演題1 「血行再建を行う立場から」    
    時計台記念病院 循環器センター    浦澤 一史
演題2 「創傷治療を行う立場から」    
   
埼玉医科大学 形成外科
  桑原  靖
討 論    


     
  共催 アルケア株式会社    


     
17:30-18:30

B会場
●一般演題2
集学的医療、foot care
  オーガナイザー 日本医科大学付属病院 再生医療科 第1内科     宮本 正章
    朝日生命成人病研究所附属丸の内病院 看護科     杉田 和枝
         
1.「感染・炎症と重症下肢虚血を合併したDiabetic foot症例にみる
集学的救肢治療体制の重要性」
 
    医誠会病院 形成外科美容外科 創傷治療センター   三宅ヨシカズ
2.「当院における難治性潰瘍に対する集学的治療の現状」
    東部病院 下肢救済チーム   杉山 千恵子
3.「フットケア実践のための戦略とフットプリントの効果」
    総合病院土浦協同病院 代謝内分泌科   内田 みさ子
4.「福岡市で開催したフットケア市民公開講座イベントの開催報告」
    福岡大学医学部  心臓血管外科   竹内 一馬
5.「フットケアチーム介入前後での形成外科入院患者の治療内容、
治療成績の変化 − 64例の統計」
 
    藤沢市民病院 形成外科   安村 和則
6.「米国の足病変治療のStandard-of-Care2010副題:
   
DFCON 2010学会からの報告を交えて」
 
 
Department of Surgery Cedars-Sinai Medical Center
  鈴木 一雄
7.「足浴方法の選択基準の検討」
    医療法人 全人会 倉敷平成病院 看護部   永野 友美
         
18:30-19:30

B会場
●一般演題3
「治療」
  オーガナイザー 日本医科大学 形成外科     水野 博司
   
 東京医科歯科大学 血管外科
   井上 芳徳
         
1.「重症下肢虚血患者に対する血管内治療は有効か(初期および6ヶ月成績の検討)」
   
済生会横浜市東部病院 循環器科
  荒木 基晴
2.「超高齢者の重症下肢虚血に対する血管形成術の実際」
   
時計台記念病院 循環器センター
  本間 之子
3.「The predictor of a turning point after endovascular therapy
in patients with femoropopliteal lesions.」
 
   
石心会 川崎幸病院 心臓病センター 循環器科
  猪原  実
4.「下肢血行再建術の既往のある患者の大切断の治療経験」
   
田附興風会医学研究所北野病院 形成外科
  武田 孝輔
5.「重症虚血肢に対する治療の現状:バイパス手術および血管内治療による救肢率の向上」
   
豊見城中央病院 外科・血管外科
  佐久田 斉
6.「腸骨動脈病変に対し、外科的血行再建と同時に表在超音波ガイド下にPTAを施行した4例」
   
社団法人有隣厚生会 東部病院 血管外科
  花田 明香
         
10:00-11:00

C会場
症例報告1
  オーガナイザー 北海道大学大学院 医学研究科     山本 有平
 
 
関東労災病院 看護部
  新良 啓子
 
 
 
   
 1.「糖尿病性足趾壊疽における保存的治療
-患者家族の積極的介入が切断を回避して治癒に導いた1例-」
 
 
 
女子栄養大学 
  日笠 志津
2.「Wagner GradeVの糖尿病性足壊疽に対して局所処置のみでLimb salvageに成功した一例」
    東鷲宮病院 血管外科   武内 謙輔
3.「集学的治療施行にもかかわらず奏功しない左足潰瘍の一症例」
    日本医科大学 形成外科   飯村 剛史
4.「下肢切断を希望しなかった患者に対する継続的ケアの一症例」
    戸田中央総合病院 看護部   守屋  薫
5.「後脛骨動脈穿刺による槍逃げ法にて救肢しえた重症下肢虚血の一例」
    済生会横浜市東部病院 循環器内科   阪本 泰成
6.「FPバイパス、FFバイパス、AFバイパス閉塞後に大動脈狭窄を来した重症下肢虚血に対し、
stent留置、balloon PTA、ウロキナーゼ持続動注で治療しえた1例」
    奈良県立医科大学 放射線科   阪口 昇二
         
11:00-12:00

C会場
●レクチャー
足病変に対するV.A.C.の実際〜足病変に対する従来の治療から最新の治療」
  オーガナイザー
横浜南共済病院 心臓血管外科
  孟    真
         
1.ラップ療法から局所陰圧閉鎖療法まで    
    埼玉医科大学形成外科   簗 由一郎
2.局所陰圧閉鎖療法の実際    
    杏林大学医学部形成外科   木下 幹雄
         
  共催 ケーシーアイ株式会社    
14:30-16:30

C会場
●ハンズオン
V.A.C.ATS治療システムハンズオンセミナー〜足病変に対する有効な使用方法を学ぶ〜」
V.A.C.ATS治療システムを日本で使用した経験のある医師が、体験を交えて使用法を説明します。2人1組で、実際のドレッシングと機器の操作を体験していただきます。
         
  講師 埼玉医科大学形成外科   簗 由一郎
    杏林大学医学部形成外科   木下 幹雄
         
 
共催
ケーシーアイ株式会社
     
事前登録制です。詳しくはこちらをクリックして下さい。  
         
17:30-18:40

C会場
●症例報告2
  オーガナイザー 心臓病センター榊原病院 心臓血管外科   石田 敦久
    東海大学医学部 内科学系循環器内科   緒方 信彦
         
1.「急性期を過ぎた左浅大腿動脈閉塞症に対し、
経皮的動脈形成術とFogarty法の併用により治癒し得た1例」
 
 
関東中央病院 循環器内科
  伊藤 敦彦
2.「Peripheral interventionおよび全麻下外科的デブリドマンの併用
〜フットケアチームによる各科連携により良好な創傷治癒が得られたCLIの1例」
 
 
済生会横浜市東部病院 循環器科
  佐々木 伸也
3.「左浅大腿動脈完全閉塞へのエコーガイド下PTAで左腫部潰瘍が軽快した一例」
 
東住吉森本病院 心臓血管センター 循環器内科
  坂上 祐司
4.「右下腹部から大腿にかけての難治性皮膚潰瘍に右外腸骨動脈に対する
 
血管内治療が著効した一例」
 
 
大阪厚生年金病院 循環器内科
  山平 浩世
5.「血管内治療とLDL吸着療法の併用により創傷治癒が得られた重症下肢虚血の一例」
 
横浜市立大学附属病院 循環器内科
  重永 豊一郎
6.「EVT施行により救肢し得た2症例。」
 
東大和病院 循環器科
  久保 佳史
7.「難治性下腿潰瘍に対する高圧酸素療法」
   
   
埼玉医科大学 形成外科
  佐藤 智也
         
18:40-19:40

C会場
●症例報告3
  オーガナイザー 心臓血管センター金沢循環器病院 循環器内科   堀田 祐紀
    Division of Cardiovascular Medicine, Stanford University Medical Center   河原田 修身
         
1.「Calciphylaxisの1例」    
   
社団法人有隣厚生会 東部病院 血管外科
  花田 明香
2.「壊死性筋膜炎を合併した重症虚血肢の1例」    
   
国際医療福祉大学病院 心臓血管外科
  洞口  哲
3.「救肢に成功した急性動脈血栓塞栓症の2例」    
   
岡山市立市民病院 血管外科
  松前  大
4.「Endovascular Treatmentに難渋した重度心疾患を有する
   
CLI(clinical limbs ischemia)の一症例。」
 
   
済生会横浜市東部病院 循環器内科
  小松 一貴
5.「重症壊疽を伴った重症虚血肢に対する集学的救肢の1例」    
   
神戸労災病院 皮膚科
  中野 英司
         
18:00-19:45
49階 JET2010第1会場
●タウンホールミーティング
HBD(Harmonization by Doing)in Endovascular Therapy for Lower Limb」

座長

独立行政法人医薬品医療機器総合機構
医療機器審査部

  池田 浩治
    小倉記念病院 循環器科   横井 宏佳
1.Keynote Lecture「Overview for HBD」
  1)From U.S.A    
  演者 Peripheral Vascular Devices Branch Division of Cardiovascular Devices, Office of Device Evaluation, Center for Devices and Radiological Health, USA     
 
Kenneth J. Cavanaugh Jr.
 
2)From Japan
   
  独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医療機器審査部  
鈴木 友人
         
2.本邦における下肢救済の現状    
 
1)創傷治癒
     
   

日本下肢救済・足病学会 理事長
北海道大学名誉教授
医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所

  大浦 武彦
 
2)血行再建
     
  東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科   中村 正人
3.海外におけるtrialの実情
 
1)EU -DEB-
  Department of Angiology, Park Hospital Leipzig, Federal Republic of Germany    
  Dierk Scheinert
 
2)US -SFA BTK stent -
   Interventional Cardiology Prairie Vascular Institute, U.S.A.    
    Krishna Rocha-Singh
 
3)日本の実情
   
 
「SFA stent -MISAGO Trial」
   
    テルモ株式会社 臨床開発部   川原 一夫
 
「ZILVER PTX」
    MED Institute, Incorporated    
    Neal E. Fearnot
4 .討論    
         
         


       
         
12:15-13:15
A会場
●ランチョンセミナー

透析合併PAD患者の予後とその戦略」

       

       
         
 
共催
共催:JET2010
   
大塚製薬株式会社
 
 
         
整理券配布:49F      
         
12:15-13:15
B会場
●ランチョンセミナー

糖尿病性足潰瘍(with/without PAD)の治療アルゴリズムと被覆材/外用剤の選択」

座長 埼玉医科大学総合医療センター 血管外科   佐藤  紀
         

 演者
神戸大学医学部付属病院形成外科
寺師 浩人
         
 
共催
スミス・エンド・ネフュー・ウンドマネジメント株式会社
     
 
 
         
整理券配布:40F      
         
12:15-13:15
C会場
●ランチョンセミナー

Angio Sculpt PTAの可能性〜スコアリングエレメントが導く新たなPAD治療〜(仮)」

       

       
         
 
共催
共催:JET2010
   
USCIジャパン株式会社
 
 
         
整理券配布:49F