4月25日(日)
8:00-10:00

A会場
●ワークショップ4
「血行再建・創傷治療における個別治療の実際」
連携が必須のCLI治療において、各診療科が、実際にどのような治療を行っているのか見学をする機会は少ない。そこで、血管内治療、bypass術、創傷治療の3つの観点から個別治療について概説を頂き、他診療科に対する理解を深める。
         
  オーガナイザー 杏林大学形 成外科
大浦 紀彦

  新須磨病院 形成外科
北野 育郎
   
 

 
T.血行再建
   
 
1.EVT
   
 
菊名記念病院 循環器内科
  山内 靖隆
2.ypass
   
 
田仲北野田病院 血管外科
  中村  隆
U.創傷治療
   
 
1.創傷ケア、洗浄とデブリードマン
   
 
時計台記念病院 形成外科・創傷治療センター
  小浦場 祥夫
 
2.minor amputation 皮弁、大切断
   
 
杏林大学医学部 形成外科
  大浦 紀彦
         
10:00-11:00

A会場
●教育講座
「リハビリテーションから足を考える」
【ご講演のポイント】      
  高齢者に廃用性障害をおこさせることなく、
臥床の状態から歩行、起立させるには、どうすればよいか
起立、歩行以外の嚥下、呼吸などの観点から
高齢者のリハビリテーションに特徴的なことと問題点
健康保険、介護保険の中でのリハビリテーション診療の問題点
厚労省への働きかけ・展望
         
  オーガナイザー 東北大学大学院医学系研究科形成外科
館  正弘
「高齢者のリハビリテーション」

 
  講 師 杏林大学医学部 リハビリテーション医学教室    岡島 康友
             
11:00-12:30

A会場
●エキスパートセミナー
「重症の足病変をもつ 糖尿病患者の予防的ケアを考える」
糖尿病患者の足病変は予防的視点をもってケアしていくことが求められている。本エキスパートミーセミナーではそれぞれの医療者の立場から、重症な糖尿病足病変をもつ患者の治療やケアについて事例を挙げながら伝える。
         
  オーガナイザー 日本看護協会 看護研修学校
両田 美智代


川崎市立川崎病院
加藤 理賀子
         
「内科医の立場から」      
   
東京都済生会中央病院 糖尿病臨床研究センター
  渥美 義仁
「看護師の立場から −足病変のリスクを認識していない患者のケアー」    
   
川崎市立 川崎病院
  加藤 理賀子
「看護師の立場から −創傷のある患者ケアー」    
   
川崎市立 川崎病院
  上野 澄恵
「看護師の立場から −足切断の危機をもつ患者のケアー」    
   
済生会横浜市東部病院 看護部
  楢原 直美
         
14:00-16:00

A会場
●公開講座
健康に生きる! −足は第2の心臓−

パネリス 東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科
中村 正人
   
小倉記念病院 循環器科
  横井 宏佳
   
東京慈恵会医科大学 外科学講座血管外科
  大木 隆生
   
神戸大学大学院 医学研究科・医学部 形成外科
  寺師 浩人
 
司 会
   
         
事前登録制です。詳しくはこちらをクリックして下さい。  
         
8:00-9:30

B会場
●シンポジウム3
下肢潰瘍ケアにおける看護の特化技術の明確化-現在と未来-」
下肢救済の視点を持った看護ケアの発展を目指すために、フットケア、 皮膚・排泄ケアのスキンケア、創傷管理技術、リンパ浮腫ケアでのバンテージなど多岐にわたる現状の看護特化技術を明確にし、教育や技術習得の実態から今後の教育やフォローアップの確立の糸口を探る。
         
  オーガナイザー

社団法人日本看護協会 看護研修学校
認定看護師教育課程長

  溝上 祐子
   

日本下肢救済・足病学会 理事長
北海道大学名誉教授
医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所

  大浦 武彦
         
  T.下肢潰瘍ケア    
 
大阪府済生会吹田病院 看護部 皮膚排泄ケア認定看護師
  間宮 直子
  U.糖尿病足病変のフットケア    
 
平塚共済病院 看護相談室 慢性疾患看護専門看護師
  米田 昭子
  V.多彩な足病のケア    
   
倉敷平成病院 4階東病棟
  小山 恵美子
  W.リンパ浮腫セラピーの教育現状    
 
アルケア株式会社  皮膚・排泄ケア認定看護師
  高橋 知勢子
         
10:00-12:00

B会場
●ワークショップ5
「チーム医療からみた血流評価」
今後の下肢救済の視点に基づき、虚血肢の医療・看護ケアの発展を目指すため、現状の評価技術を明確にし、各立場から系統立てて、検査の意義や役割を問う。
チーム医療に、何が必要なのか?治療・看護に何が役立つのか?
チームにおける役割は?目標は何か?各立場からの発表を受け、展望したい。
         

オーガナイザー 松尾クリニック 内科(脈管学)
松尾  汎
         
T.講演      
   
名古屋共立病院
  中島 晴伸
   
医療法人紀陽会田仲北野田病院 血管外科
  溝端 美貴
   
国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門・血管内科
  岡島 年也
   
東京医科歯科大学 血管外科
  井上 芳徳
U.ディスカッション 「チーム医療のあり方」    
   
名古屋共立病院
  中島 晴伸
   
医療法人紀陽会田仲北野田病院 血管外科
  溝端 美貴
   
国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門・血管内科
  岡島 年也
   
東京医科歯科大学 血管外科
  井上 芳徳
V.機器の実演      
  経皮酸素分圧測定装置(ラジオメーター)    
  下肢血圧測定装置+運動負荷装置(フクダ電子)    
  皮膚灌流圧測定装置(カネカメディクス)    
         
  機器協力 フクダ電子株式会社    
    株式会社カネカメディックス    
    ラジオメーター株式会社    
 
8:00-12:30

C会場
●レクチャー&ハンズオン
リンパ浮腫治療の保存的療法」
原発性や続発性リンパ浮腫に対して、おもにスキンケア・医療用リンパドレナージ・圧迫療法・運動療法を用いて改善させる治療法について、医師の診察にて適応禁忌を確認し、個別に応じた治療やセルフケア指導の方法を学ぶ。講演を通して皮膚に対する圧の感覚を一緒に体験する。
         
・ハンズオン      
  マッサージ    
  圧迫療法    
         
 
物品協力
テルモ・ビーエスエヌ株式会社
   
         
事前登録制です。詳しくはこちらをクリックして下さい。  




 
13:30-14:30

C会場
●一般演題4
治療・ リハビリテーション」
  オーガナイザー  川崎市立多摩病院 形成外科    松崎 恭一
    埼玉医科大学総合医療センター 血管外科   佐藤  紀
         
1.「虚血性足部潰瘍に対する顕微鏡下distal bypassの治療経験」
   
香川大学医学部付属病院 形成外科
  木暮 鉄邦
2.「Heloma molle治療に関する検討」
   
新須磨病院 形成外科
  梶田  智
3.「うっ滞性潰瘍治療における長期成績改善の試み」
   
みさと健和病院 形成外科
  菰田 拓之
4.「自家末梢血単核球細胞移植が有効であった重症下肢虚血症例とは」
   
北里大学病院 循環器内科
  西成 真琴
5.「重症下肢虚血症例への当院におけるリハビリテーション」
 
時計台記念病院 総合リハビリテーションセンター 理学療法科
  一戸 明日佳
6.「TMA(Transmetatarsal Amputation)術後の歩行機能変化に及ぼす要因に関する検討」
   
新須磨病院 形成外科
  梶田  智
         
14:30-15:30

C会場
●一般演題5
糖尿病性足病変」
  オーガナイザー  東北大学大学院医学系研究科形成外科
館  正弘
   
横浜南共済病院 心臓血管外科
  孟    真
         
1.「糖尿病患者の足趾手術後に誘導される前足部変形の予後についての検討」
   
田附興風会医学研究所北野病院 形成外科
  齊藤  晋
2.「当科における糖尿病性足病変の治療方針について」
   
苫小牧日翔病院 形成外科
  吉田 哲也
3.「自家培養真皮を用いた糖尿病性潰瘍臨床試験」
   
京都大学医学研究科 形成外科
  森本 尚樹
4.「糖尿病性神経障害によるCharcot関節に対するtotal contact castの経験」
   
奈良県立医科大学 整形外科
  谷口  晃
5.「糖尿病足病変に対する義肢装具士の関わり」
   
有限会社バイタルフス高知 義肢装具科
  関  耕二
6.「足型測定器(i-Stepシステム)を使用した試みから
 
足病変予防における理学療法士の介入を検討する」
 
   
総合病院 土浦協同病院 リハビリテーション科
  瀧原  純
         
15:30-16:30

C会場
●一般演題6
その他」
    徳島大学医学部 形成外科     中西 秀樹
 
 社会医療法人敬和会大分岡病院 心血管センター 循環器科
   立川 洋一
         
1.「生活習慣がEVT後の予後に影響をきたしたと思われる1症例」
    心臓血管センター金沢循環器病院 検査部   熊谷 祐二
2.「治療に難渋した難治性下肢潰瘍症例の検討」
    産業医科大学病院 形成外科   安田  浩
3.「下肢の「救済」について考える」
    健和会大手町病院 形成外科   石井 義輝
4.「高齢者の先天性左下肢動静脈奇形の一例」
    豊見城中央病院 外科・血管外科   松原  忍
5.「演題1:外反母趾の保存的療法の構築」
    過労性構造体医学研究会 柔道整復師   笠原  巖
6.「演題2:国民病「足へバーデン」の発見と足先部の障害を報告」
    過労性構造体医学研究会 柔道整復師   笠原  巖
         
9:00-12:45
49階 JET2010第1会場
●CLI −Hot Topics 2010− 第1部
■ Hot debate 1:Strategy for limb salvage
  座長

時計台記念病院 循環器センター

  佐藤 勝彦
    東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科   中村 正人
The gole of this session −Hot topics 2010−    
    東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科   中村 正人
My interpretation of TASC classification as endovascular surgeo    
   
春日井市民病院 血管内治療センター
  大場 泰洋
         
Cardiologist should primaily treat CLI    
 
Pro
菊名記念病院 循環器内科
  宮本  明
  Con
信州大学医学部附属病院 心臓血管外科
 
福井 大祐
         
We must do angiosome-based intervention    
 
Pro
北光記念病院 循環器科  
野崎  洋一
  Con Division of Cardiovascular Medicine, Stanford University Medical Center   河原田 修身
         
Panel Discussion    
  パネリスト 春日井市民病院 血管内治療センター  
大場  泰洋
Division of Cardiovascular Medicine, Stanford University Medical Center
  河原田 修身
   Department of Surgery, Cedars-Sinai Medical Center   鈴木 一雄
    神戸大学大学院 医学研究科・医学部 形成外科   寺師 浩人
   
北光記念病院 循環器科
  野崎 洋一
    信州大学医学部附属病院 心臓血管外科   福井 大祐
    菊名記念病院 循環器内科   宮本   明
         
■ Hot debate 2:Current technology for limb salvage
  座長 仙台厚生病院 循環器内科   井上 直人
    小倉記念病院 血管外科   三井 信介
Extensive use of endovascular therapy for CLI
    岸和田徳洲会病院 循環器科   横井 良明
Transcollateral approach can work well for limb salvage ; Pro
 
Pro
時計台記念病院 循環器センター   浦澤 一史
  Con 旭川医科大学第一外科   東   信良
The role of endovascular technology for limb salvage
Division of Cardiovascular Medicine, Stanford University Medical Center
  河原田 修身
Transpedal approach can be justified; Pro
 
Pro
済生会横浜市東部病院 循環器内科   平野 敬典
  Con 信州大学医学部附属病院 心臓血管外科   福井 大祐
Panel Discussion
  パネリスト 旭川医科大学第一外科   東   信良
    時計台記念病院 循環器センター   浦澤 一史
    信州大学医学部附属病院 心臓血管外科   福井 大祐
Division of Cardiovascular Medicine, Stanford University Medical Center
  河原田 修身
    済生会横浜市東部病院 循環器内科   平野 敬典
         
   
   
 
※JET2010合同企画
         
13:30-16:30
49階 JET2010第1会場
●CLI −Hot Topics 2010− 第2部
■ Hot debate 3:Case selection
  座長
Division of Cardiovascular Medicine, Stanford University Medical Center
  河原田 修身
    岸和田徳洲会病院 循環器科   横井 良明
Timely intervention of debridement    
    埼玉医科大学 形成外科   市岡  滋
Laser angioplasty is a must for lim salvage    
 
Pro
仙台厚生病院 循環器内科
  鈴木 健之
  Con 心臓血管センター金沢循環器病院 循環器内科   土谷 武嗣
Case study    
 

社会医療法人敬和会大分岡病院
心血管センター 循環器科

 
立川 洋一
    信州大学医学部附属病院 循環器内科  
宮下 裕介
    菊名記念病院 循環器内科  
山内 靖隆
Panel Discussion    
 
パネリスト
埼玉医科大学 形成外科   市岡  滋
   
仙台厚生病院 循環器内科
  鈴木 健之
   

社会医療法人敬和会大分岡病院
心血管センター 循環器科

 
立川 洋一
    心臓血管センター金沢循環器病院 循環器内科   土谷 武嗣
    信州大学医学部附属病院 循環器内科  
宮下 裕介
    菊名記念病院 循環器内科  
山内 靖隆
         
■ Hot debate 4:Round table discussion:How to construct regional network for limb salvage
 
座長
杏林大学形 成外科
大浦 紀彦
    菊名記念病院 循環器内科   宮本   明
Case study      
    東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科   小野  剛
    済生会横浜市東部病院 循環器内科   平野 敬典
    菊名記念病院 循環器内科  
山内 靖隆
Panel Discussion    
 
パネリスト
東京医科歯科大学 血管外科   井上 芳徳
    東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科   小野  剛
   
長野県厚生連篠ノ井総合病院 循環器科
  篠崎 法彦
    済生会横浜市東部病院 循環器内科   平野 敬典
    信州大学医学部附属病院 循環器内科  
宮下 裕介
    菊名記念病院 循環器内科  
山内 靖隆
         
How to order-made foot device-
    日本フットケアサービス株式会社   大平 吉夫
CLI coordinator
    仙台厚生病院 循環器内科   奥山 由美
         
         
  総括 仙台厚生病院 循環器内科   井上 直人
         
   
   
 
※JET2010合同企画
         
12:15-13:15
A会場
●ランチョンセミナー

これからの糖尿病性足病変対策」
  座長 東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科   門脇  孝
         
講演1【糖尿病性足部潰瘍の治療と再発予防】
   
   
神戸大学大学院 医学研究科・医学部 形成外科
  寺師 浩人
講演2【糖尿病患者用フットウェアについて】
   
    日本フットケアサービス株式会社   大平 吉夫
講演3【糖尿病足病変対策の展望「教育と予防」】
   
   
東京都済生会中央病院
  渥美 義仁
             
 
共催
株式会社カネカメディックス
   
 
 
         
整理券配布:40F      
         
12:15-13:15
B会場
●ランチョンセミナー

Let’s Talk About Optimal CLI Management」
  座長  佐賀大学医学部 形成外科
上村 哲司
    春日井市民病院 血管外科   大場 泰洋
         
【チーム医療】
   
    済生会横浜市東部病院 循環器内科   平野 敬典
【Lesion specific Angioplasty】
   
    信州大学医学部附属病院 循環器内科  
宮下 裕介
【EVT時代におけるDistal Bypass】
   
    松山赤十字病院 血管外科   山岡 輝年
         
  パネリスト 金沢循環器病院 循環器内科   土谷 武嗣
    湘南鎌倉総合病院 血管外科   荻原 秀光

  小倉記念病院 循環器科    曽我 芳光
         
 
共催
ボストン・サイエンティフィック・ジャパン株式会社
     
 
 
         
整理券配布:40F