日本下肢救済・足病学会『糖尿病重症化予防(フットケア)』研修のご案内

学会員のみなさまへ
 平成20年度の診療報酬改定で糖尿病合併症管理料170点(月1回)が新設されました。そのための条件として、看護師が行う場合、糖尿病足病変の看護の実務経験(5年以上)と、フットケアの研修(16時間以上)の修了が求められています。
日本下肢救済足病学会では、学会発足以来、糖尿病性足病変の予防、創傷管理技術を啓発することによって糖尿病性足病変の救済に努めてきました。
 上記のフットケア研修の要件を満たした『糖尿病重症化予防(フットケア)』研修を開催し、多くの方に研修会にご参加いただき下肢救済と足病についての知識と技術を深めていただければと存じます。
日本下肢救済・足病学会
下肢創傷管理技術検討委員会


2016年度の開催予定はございません